ホーム | 家紋 | 日よけ | 無地 | 藍染 | 楽屋のれん | 業務用 | 麻のれん | デザイン | 模様 | 印象 | 昇華転写 | 注目の会社 | サイトマップ

のれんを作る前に知るべき事

京都のれん株式会社の注目すべき防炎のれんの理由とは

のれんの用途

冬は、電気ストーブやヒーターなどを使う事が多く火災になり易いといえます。
そして、燃え易い素材で出来ている物に燃え移ってしまいますと火が広がるのが
早くなります。

そういった状況化で消防法や条例などで防炎加工が義務付けられています。

防炎加工を施した物であれば燃え広がりを抑えられるので導入した方が安心です。

和のテイストを重視する店舗において、のれんは重要なツールの一つです。
防炎加工を施していないとのれんに火が天井まで火が移ってしまう恐れがありますので

防炎加工をしている製品を導入するのが火事のとき、火の広がりを防ぐ上で重要でしょう。

安全を守る

防炎加工は既に布に加工がされていて、それを生地にする事で実現するパターン、
麻や綿やポリエステルで製品を作り、最終工程で加工するパターンがあります。

いずれの方法でも、効果はある程度持続しますので、店舗で暖簾を使いたい時には検討してみても良いでしょう。

京都のれん株式会社は、防災の観点からも商品開発を行っており、
オーダーメイドで暖簾を作る事も出来るサービスを提供しています。

日本防炎協会防炎のラベルが入った暖簾を採用する

火事にならないようにする事は、人が多く集まる飲食店や居酒屋などでは必須です。
避難経路の確保や日頃からの火災・災害を想定した防災訓練をしておくのが良い方法ですが、
それ以外にも店舗に設置する展示物やインテリア、カーテンなどにも気を使わなくてはいけません。

のれんを導入する際には、防炎の加工が施されている物を使うようにし、
防炎対策が成されている製品には日本防炎協会防炎ラベルを付けておきます。防炎ラベル

この日本防炎協会防炎ラベルが付いている商品は、日本防炎協会が定めた基準を
満たしている物であり、企業や個人が安心して使えるようにしている物です。

京都のれん株式会社が通販で販売している商品や企業が注文するオーダーメイド品には
防炎の加工を施していますので、安心して使う事が出来ます。また一部の素材のみになりますが、
洗濯後も防炎性能を維持する特殊なのれんが製作できるそうです。


安全面とデザイン面でのれんを選んで店に飾るなら、お店の顧客に安心して店を利用してもらえるよう京都のれんに頼むのがベストでしょう。

 

Copyright© 京都でのオーダーのれん All Rights Reserved.