のれん製作 | 家紋 | 日よけ | 無地 | 藍染 | 楽屋のれん | 業務用 | 麻のれん | デザイン | 模様 | 印象 | 昇華転写 | サイトマップ

のれんを作る前に知るべき事

のれんの色入れ技法~昇華転写とは

のれんの用途

昇華転写は色持ちが良く布自体の風合いも残しながら、柔らかい仕上がりになるのも
特徴であり、候性、耐水性も特徴の一つとなっています。

しかし何よりも大きなメリットとなるのが、デザインに制限がないという点ではないでしょうか。
写真入りののれんも作ることができ、オリジナリティを大切にしたい時にもぴったりです。

乾燥させたり蒸す必要もないので、手間がかからない分仕上がりもスピーディーとなっています。
色数やデザインも関係なく仕上げることができ、面倒な手間もかかりません。

自由度が高い

柄もくっきりと出るのが特徴の一つであり、小さな文字や柄にも対応しているので
細かな部分まで綺麗に出したい時にも良いのではないでしょうか。

本染のように滲むことがないので、グラデーションや写真の加工をするなど
複雑なデザインにもしっかり対応することができ、経年による色落ちや見た目も
本染めと大差はなく、なおかつ料金は本染よりもリーズナブルに済ませることができる傾向にあります。

値段がお得

昇華転写捺染とは、布地への染色技術のひとつであり、作成したデザインを
転写紙に出力して染料を紙にプリントし、出力した転写紙に生地を合わせて
熱を加えることで、転写紙の染料を気化させて生地に移します。

印刷というイメージがありますが、染めているということに間違いはありません。
色数やデザインを制限されることなく、自由に決めていきたいという場合には、
昇華転写とはかなり大きなメリットがある方法です。

 

Copyright© 京都でのオーダーのれん All Rights Reserved.