のれん | 家紋 | 日よけ | 無地 | 藍染 | 楽屋のれん | 業務用 | 麻のれん | デザイン | 模様 | 印象 | サイトマップ

のれんを作る前に知るべき事

お店の印象を握っている

何のために暖簾を作るのか

のれんは外国には無く、日本だけに見られる独特なものです。
その起こりは古く、平安時代頃にはあったと言われています。

元々は、外の光が屋内に入らないようにしたり、ホコリや雨除けなどの目的で
農村や漁村などで使われていました。

そこに商家の称号を入れることによってメッセージ性が
感じられるようになったのは、鎌倉時代以降と言われています。

室町時代からは、それぞれの商家が意匠を取り入れ、屋号などを
広く世間に知らしめる道具として用いられるようになり、江戸時代には
文字を染め抜いたものが作られるようになり、商家にとっての
広告としての役割を果たすようになりました。

現代においては、のれんはさまざまな形や長さのものが
用いられるようになり、色やデザインなどもそれぞれ意匠が
凝らされたものとなっています。

のれんが出されている店先は遠くからでも目に入りやすいことから
広告としての機能を果たしながら、尚かつそのお店の印象を決める
大事なアイテムとなっています。

営業中

お店が閉店する時にはのれんがしまわれることから
お店が営業しているということを人々に知らしめるという意味合いも持ちます。

のれんの記事にお店のロゴを入れたり、そのお店を印象付ける色合いで
表現することも可能ですし、店名の文字を大きく入れることにより
道路側に向けてお店の存在を知らしめることもできます。

また、そのお店の看板商品などを記すことで、道行く人に興味を持ってもらうこともできます。

のれんは店先に出されることから、雨風が当たったり自動車の
排気ガスなどによってホコリや汚れが付着しやすいため、
最近では撥水のれんが注目を集めています。

天候の影響

撥水のれんにすることによって、雨が降っても生地が濡れにくく
汚れも付きにくいので、きれいな状態を長く保ちやすくなります。

撥水加工をするにはオプション料金がかかることが多いのですが
汚れ防止以外にも色あせ防止の効果もありますので、
撥水加工の注文はおすすめです。

 

Copyright© 京都でのオーダーのれん All Rights Reserved.